目の仕組みとはたらき

目の病気の基礎知識や眼球の仕組みを説明します

眼球の基礎知識

眼球の仕組み

眼球の仕組みとはのカテゴリでは眼球の仕組みをはじめ、角膜・強膜、虹彩・毛様体・脈絡膜、網膜・視神経、水晶体、硝子体、房水といった眼球に器官の仕組みや働きなどの基礎知識を公開しています。目の健康維持のために気になる目の病気や目の異常の基礎知識はもちろん、眼球の仕組みに関する基礎知識も知っておきましょう。

房水の働きとは

房水の働きとは 房水は毛様体で分泌される透明の液体で、前房に満たされています。水晶体や角膜に栄養を補給し、房水の量によって眼圧が調整されます。

硝子体の働きとは

硝子体の働きとは 硝子体は眼球の内容物の大部分を占めるゼリー状のものです。外部からの力に抵抗するはたらきがあります。

水晶体の働きとは

水晶体の働きとは 水晶体は瞳孔の後ろにあり、角膜とともに眼球に入ってきた光を屈折します。水晶体の厚みを変化させることで、遠くや近くなど見ようとする像のピントを調節しています。

網膜・視神経の働きとは

網膜・視神経の働きとは 外から入った光は網膜に達して初めて色や形、光として感じられます。そして網膜に映った像は視神経を通って、情報を脳に伝達します。

虹彩・毛様体・脈絡膜の働きとは

虹彩・毛様体・脈絡膜の働きとは 強膜の内側にあるのがぶどう膜で、虹彩・毛様体・脈絡膜から成りたっています。 虹彩は茶目といわれる部分で、中央に瞳孔があります。瞳孔を大きくしたり小さくしたりして、目に入

角膜・強膜の働きとは

角膜・強膜の働きとは 角膜は眼球のいちばん外側を覆っている膜で、俗に黒目といわれますが実際は透明の組織です。外からの光を屈折し目のなかに光を取り入れます。強膜は白目といわれる部分で、白くてとても堅い膜です。

眼球の仕組みとは

眼球の仕組みとは 眼球は、成人で直径約2.5cmの大きさがあり、そこにはさまざまな器官があります。ものを見るということは、光が物体に反射して目に入ることです。

病気や違和感が気になる時は初期の受診が肝心

目の病気は症状や原因が多様のため、初期の症状のときに受診するのが肝心と言われています。

病気といっても、視力の低下、視野が狭くなる、目が急に見えなくなるなどの異常や、目の痛み、目の痒みを伴う症状などの病気は沢山あります。

そして目の異常は急に症状があらわれるものもあれば、異常を感じないまま病気が進行して行くものもあります。それらの異常の原因はさまざまです。違和感を感じたら眼科に受診することを心がけましょう。

目の障害は合併症によっておこる事も

目の異常は、目そのものが原因でなく合併症によって病気になることもあるようです。

糖尿病や高血圧、アトピー性皮膚炎など全身の病気と関係して目に障害がおこる合併症もあり、その中でも全身の病気から合併症を患う例は少なくないようです。

目の異常を感じて受診してみると糖尿病や高血圧が見つかることもあるようです。

目は精密な器官で、体の中でも敏感な器官と言われています。目が不調と感じたらなるべく早く眼科医に診察を受けたほうが良いでしょう。

その中には初期に気が付けば障害を残すことなく治るものも多いようです。いずれにしても体の中でも敏感な器官である目ですので、十分に気をつけたいものです。

眼球周囲の付属器の仕組

眼球周囲の付属器の仕組みのカテゴリでは眼球周囲の眼筋、涙器、結膜、眼瞼など眼球周囲にある器官の仕組みや働きなどについての基礎知識を公開しています。

眼筋とは

眼筋とは 眼筋は眼球の内外、上下、斜めに2つと、片方の目に6つの眼筋があり、眼球を自在に動かす役目をしています。涙器とは

涙器とは

涙器は涙を分泌する涙腺と、涙を鼻へ流す涙道があります。目に入った異物を涙で洗い流し、角膜を保護します。結膜とは

結膜とは

結膜は強膜の表面を覆い、まぶたの裏側へと続いています。結膜は粘液や涙液を分泌し、眼球の表面を潤しています。眼瞼

まぶたの働きとは

眼瞼の働きとは 眼瞼は、眼は外界と直接接しているため、障害が起こりやすい部位で、上下の眼球を保護しています。また、まばたきによって角膜の表面が乾かないようにしています。

目の働き

眼球の仕組みとはのカテゴリでは眼球の仕組みをはじめ、角膜・強膜、虹彩・毛様体・脈絡膜、網膜・視神経、水晶体、硝子体、房水といった眼球に器官の仕組みや働きなどの基礎知識を公開しています。

目の仕組みはカメラに似ている

目の仕組みはカメラに似ている 目の仕組みはよくカメラに例えられます。カメラのボディが強膜で、角膜と水晶体がレンズ、そして網膜がフィルムです。外からの光は角膜を通します。

目の働きとは

目の働きの特徴は、外界を認識したことを脳に伝える情報量が多い事です。目の働きを視機能といい、その機能には「視力、視野、色覚、光覚、屈折、調節、両眼視、眼球運動」などがあります。

京都の河原町駅前にあるコミカプは空気がとても綺麗なカプセルホテルです。分煙対策として喫煙ブースを設けているので、カプセルユニットを始めオープンエリア内も煙を気にすることなく快適に過ごすことができます。また、アメニティーも男女別にメーカーがわかるものを取り揃えてあるので安心して使うことができます。そしてコミカプの特長であるラウンジ内の漫画喫茶は新旧揃って3万冊蔵書されており、宿泊中はいつでも好きなだけ読むことができます。

河原町の格安ホテルに宿泊するなら