眼科で行う主な目の検査

眼科ではどのような診察がされるのか説明します

眼科での検査方法を詳しく知っておきましょう


目の健康維持のための基礎知識として視力検査、屈折検査、細隙顕微鏡検査、眼圧検査、超音波検査など眼科で行う目の検査に焦点をあてた情報を集めてみました。

超音波検査

眼科で行う主な検査の超音波検査は、詳しい眼底検査ができない場合に行われています。眼球内の組織に超音波を当てて行います。反射してきた波形を測定して病変を調べます。

白内障の手術では、眼内レンズの度を確定するためにはかかせない方法です。また、網膜剥離などの網膜の病気を見つけるのに役立つようです。

VEP検査(視覚誘発電位検査)

VEP検査(視覚誘発電位検査)は目に光りを当てることで脳波に変化が起こります。視神経の中枢まで検査をする事が可能です。直接観察できない部位を調べることができる方法です。

ERG検査(網膜電図検査)

白内障が進むと、水晶体に濁りがあるため詳しい眼底検査ができません。

そのためコンタクトレンズ型の電極を角膜につけ、強い光を当ててその光に網膜が反応しているかどうかを電位の波形を記録して調べるのが眼科で行うERG検査(網膜電図検査)です。点眼麻酔をしますので、痛みはないようです。

蛍光眼底造影法

蛍光眼底造影法は眼底の状態をよりくわしく調べる必要があるときに行われる方法です。

フルオレセイン(造影剤)を肘の静脈から注入し、眼底カメラで連続的に撮影し、血液の流れの状態や、通常の眼底検査では発見できない病像を調べる方法で、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性には欠かせないと言われます。また、治療の経過観察としても行われます。

調節検査

調節検査は、どこまでピントが合うのか水晶体の調節力を調べます。近点計を使用し、ピントがどの程度あっているか答えることで測定します。

視野検査

視野とは一方の目で真ん中を注視したときに見える範囲を視野といい、視野は目に入ってくる色、明るさなどにより見える範囲が変わります。視野検査は視野計を用いて行いますが、中心部が見えにくいかどうかはアムスラーチャートを用いた簡単な検査を行います。視野検査により網膜や視神経の病気、緑内障、脳の病気などを見つけることができます。

眼圧検査

目は房水により眼球の内圧が一定に保たれる構造になっています。その眼球の内圧を測ります。

眼圧が高い場合は緑内障などが考えられ、眼圧が低い場合は網膜剥離や脈絡膜剥離などが考えられます。眼圧は個人差もありますが10~21mmHgが正常といわれ、21mmHgを超えると高眼圧と診断されます。測定法は3種類あります。

ゴールドマン(圧平式)眼圧計

細隙灯顕微鏡につけた眼圧計です。角膜の表面に眼圧計を接触させて測定します。点眼麻酔を行うので痛みはありません。

シュッツ(圧入式)眼圧計

あおむけに寝て点眼麻酔をし、眼圧計を角膜の上にのせて測定します。寝たきりの患者さんなどに用います。

空気圧眼圧計

眼圧計を眼球に当てることなく、空気を吹きつけて測定するものです。麻酔薬などは必要ありません。

眼底検査とは

眼底検査では眼底(網膜、脈絡膜、視神経)の状態を調べます。瞳孔から眼底をのぞくため、詳しく見るには散瞳薬で瞳孔を拡大してから行います。

倒像法、直像法のほかに細隙灯顕微鏡も用いられ、角膜の上に検査用の特殊なレンズをのせ、細隙灯を使って行います。

なお、散瞳薬を点眼するので瞳孔が広がったままの状態が3~4時間続きくため、散瞳薬を点眼したら自動車の運転は絶対に避けましょう。

細隙顕微鏡検査

細隙顕微鏡検査は暗室で行われ、視力検査同様に眼科の基本的な検査になっています。

細隙灯からの細い光が目の各部分を照らし、顕微鏡で拡大して見るため、肉眼ではわからない目の異常を見つけることができます。

結膜・角膜・虹彩・水晶体・硝子体の状態を観察できます。また付加レンズを使用して、隅角(房水の流出路)や眼底の細かいところも観察できます。

屈折検査

屈折検査は眼球の屈折度を測定し、近視・遠視・乱視を見極める検査です。検眼鏡やレフラクトメーター、オートレフラクトメーターという屈折計を用いて測定します。