目の病気の原因と症状

目の病気の原因や症状、治療法などに関する情報を説明します

白内障の原因・症状について

白内障の原因・症状・治療法情報のカテゴリでは気になる病気や異常としてあげられる白内障についてその原因や症状、治療法など白内障に関する情報を公開しています。

白内障の自覚症状&体が知られるシグナルとは

白内障は、眼の中のものを見るレンズの役割を果たしている水晶体が白く濁る目の病気ですが、白内障を放置していると失明する可能性もあると言われています。

白内障のイメージとしては高齢者がかかわる目の病気と思う人は少なくないと思います。しかし、白内障は40代を過ぎてから加齢とともに症状が起こることもあるようです。

白内障の自覚症状としては、「ものがかすんだり、ぼやけたりする」「疲れ目が回復しにくい」「視力の低下」「電灯や太陽光が当たる明るいところでまぶしく感じる」などの症状があるようです。またこのような自覚症状を感じたときは、白内障がすでに進行している状態だと一般的に言われています。

白内障は、生活に支障が出る場合に目の手術があるものの、点眼薬や内服薬で白内障の進行を遅らせる対処療法が一般的なため、初期症状の「疲れ目が回復しにくい」と感じたときに眼科に診てもらうのがとても大切なようです。

40代を過ぎると意識とは別に体が衰えだしていることを感じてきますが、目は私たちにとってとても重要な機能の一つです。目の健康、病気予防、早期治療のために、40代を過ぎたら、眼科にも定期健診を受けたほうが良いと改めて感じました。

白内障とは

白内障とは一般的には「しろそこひ」と呼ばれ、瞳(瞳孔)の後にある水晶体(水晶体はカメラに例えるとレンズの役割にあたる)が白く濁ってくる目の病気のこと。

白内障になってしまう原因とは

白内障になってしまう原因とは 白内障には生まれつきになってしまう先天性白内障や外傷によっておこる外傷性白内障、糖尿病などの他の病気によっておこる併発白内障など、目の病気のためによって白内障になってします。

白内障の症状とは

白内障の症状とは 白内障の症状は、加齢にともない、読書や新聞を読んでいて眼が疲れるといった症状や、人の顔がぼんやりとかすんだり、老眼鏡をかけてもはっきりと見えなかったり、逆光で見難いなどの症状があらわれます。

白内障の検査とは

白内障の検査とは 白内障かどうかを確かめるには眼科で検査する必要がありますが、白内障の検査は視力検査、屈折検査、細隙灯顕微鏡検査、眼底検査などの検査をすることが白内障がどうかがはっきりします。

白内障の治療とは

白内障の治療とは 白内障の初期には点眼薬や内服薬を用いての治療となりますが、白内障の進行を完全に止めることのできる薬は皆無で、進行を遅らせるための治療になるようです。

白内障の手術とは

白内障の手術とは 白内障が進行して、日常生活に支障が出てきたら手術をすることで視力は回復して白内障は治るといわれています。白内障の手術は白く濁った水晶体を除去し、それに代わるレンズに差し替える手術法です。

緑内障の原因・症状について

緑内障の原因・症状・治療法情報のカテゴリでは気になる病気や異常としてあげられる緑内障についてその原因や症状、治療法など緑内障に関する情報を公開しています。

緑内障予備軍について

緑内障は他の病気で併発することがあると言われます。また併発しやすい危険因子をもつとも言われます。

緑内障の予備軍として言われる方の特徴としては慢性的に眼圧が高い人と言われ、それは眼圧が高いことで視神経を傷つけやすいことが理由のようです。

また高齢者は若い人よりも緑内障を発症し易いと言われます。また強度の近視の人も発病のリスクは高いようです。

その他、ストレスや興奮することは眼圧があがってしまうので緑内障を併発しやすくさせてしまうようです。

緑内障の早期発見は定期的な検査で眼圧のチェックや視野の領域など眼科医に診てもらうのが大切かもしれません。

緑内障とは

緑内障とは 緑内障とは眼圧が上昇して目に障害が起きる目の病気で視野が徐々に狭くなり失明することもある目の病気です。 緑内障は中年以降の年代の人に多く見られる目の病気で、一度視神経に侵されると回復することは難しいと言われています。

緑内障の種類について

緑内障の種類について 緑内障には大きく分けると「原発緑内障」「先天緑内障」「続発緑内障」と分かれます。 緑内障は先天異常によるものや老化に関連して起こる「先天緑内障」や他の病気が原因で起こる「続発緑内障」があります。

先天緑内障とは・緑内障の種類

先天緑内障とは・緑内障の種類 「先天緑内障」は生まれつきの隅角(房水の出口)の発育が悪いために房水の排出が妨げられて起こる緑内障で、新生児に2万人~3万に一人位の割合で見られると言われています。

続発緑内障とは・緑内障の種類

続発緑内障とは・緑内障の種類 「続発緑内障」は、ぶどう膜炎、糖尿病網膜症などいろいろな目の病気や全身の病気が原因で二次的に起こる緑内障です。 また続発緑内障はステロイド剤の長期点眼や服用している方は注意が必要です。

閉塞遇角緑内障とは・緑内障の種類

閉塞遇角緑内障とは・緑内障の種類 「閉塞遇角緑内障」は虹彩の根元が隅角を防いでしまうために起こるもので、房水が排出できないために急速に眼圧が上昇してしまいます。

開放遇角緑内障とは・緑内障の種類

開放遇角緑内障とは・緑内障の種類 開放遇角緑内障は隅角の房水を濾過する線維注帯が少しずつ目詰まりを起こして眼圧が上がって起こる緑内障で、主な症状としては視野が内側から徐々に欠けていきます。

閉塞遇角緑内障の治療とは・緑内障の治療

閉塞遇角緑内障の治療とは・緑内障の治療 閉塞遇角緑内障の治療は、急性緑内障発作が起きた場合には点眼や注射などの薬物療法で眼圧を下げたあとにレーザーによる虹彩切開術、または虹彩切開術を行って房水の流れを良くするバイパス手術を行います。

開放遇角緑内障の治療とは・緑内障の治療

開放遇角緑内障の治療とは・緑内障の治療 開放遇角緑内障は徐々に進行していく緑内障で、慢性的な緑内障とも言われます。開放遇角緑内障を治療するには早期発見が重要なポイントです。

黄斑変性/(加齢黄斑変性)について

黄斑変性/(加齢黄斑変性)の原因・症状・治療法情報のカテゴリでは黄斑変性/(加齢黄斑変性)の原因や黄斑変性/(加齢黄斑変性)の症状、治療情報など黄斑変性/(加齢黄斑変性)に関する目の健康情報を公開しています。

黄斑変性/(加齢黄斑変性)とは

黄斑変性/(加齢黄斑変性)とは 黄斑変性は網膜の黄斑部に異常が起こる病気のこと。この黄斑部は網膜の中心にあり視機能にとっても重要な部分と言われています。

加齢黄斑変性のタイプについて

加齢黄斑変性のタイプについて 加齢黄斑変性は加齢に伴って黄斑の組織に変化が起こり疾患に至るわけですがその加齢黄斑変性は状態によって2つのタイプに分かれるといわれています。

加齢黄斑変性の症状とは

加齢黄斑変性の症状とは 加齢黄斑変性の症状は、黄斑に異常が発生すると最初は視野の中心部がぼやけたり(中心暗点)、色が変わって見えたり、モノがゆがんで見える(変視症)などの視力障害が起きるといわれています。

加齢黄斑変性の治療とは

加齢黄斑変性の治療とは 加齢黄斑変性の治療はまず黄斑部を変性させる元となっている新生血管を取り除く治療が行われるようです。新生血管が黄斑部の中心窩から離れていればレーザーで焼き破壊します。

黄斑変性・加齢黄斑変性の予防について

黄斑変性・加齢黄斑変性の予防について 黄斑変性・加齢黄斑変性は、日常の生活の中での心がけで予防につながると言われています。

網膜剥離について

症状・治療法情報のカテゴリでは気になる病気や異常としてあげられる網膜剥離についてその原因や症状、治療法など白内障に関する情報を公開しています。

網膜剥離について・眼底の気になる目の病気

網膜剥離について・眼底の気になる目の病気 網膜剥離は、網膜に穴があいて網膜が眼底からはがれてしまう目の病気です。 網膜剥離は全ての年代の人がおきると言われています。

裂孔原性網膜剥離とは

裂孔原性網膜剥離とは 裂孔原性網膜剥離は、目の打撲や外傷によっても起こる目の病気です。

滲出性網膜剥離とは

滲出性網膜剥離とは 滲出性網膜剥離は、網膜色素上皮が障害されておこる目の病気で、網膜色素上皮に脈絡膜の水分が漏れ出して網膜色素上皮と神経網膜の間に入り剥離になってしまいます。

牽引性網膜剥離とは

牽引性網膜剥離とは 牽引性網膜剥離とは、硝子体と網膜が何らかの原因で癒着して硝子体に引っ張られて網膜が剥がれる目の病気です。

網膜剥離の症状とは

網膜剥離の症状とは 網膜剥離の症状としては、初期の段階では黒いすすや虫が飛んでいるように見える飛蚊症や目をつぶったり暗いところで光がピカピカ見える光視症などがみられます。

網膜剥離の治療について・眼底の病気

網膜剥離の治療について 網膜剥離が発症したら、網膜剥離は薬などで治療できないことから早期に手術をすることが最善と言われます。

飛蚊症について

飛蚊症の原因・症状・治療法情報のカテゴリでは気になる病気や異常としてあげられる飛蚊症についてその原因や症状、治療法など飛蚊症に関する情報を公開しています。

飛蚊症とは

飛蚊症とは 飛蚊症とは目の前に何もないのに、蚊の様な小さな虫が飛ぶように見えたり、糸くずのようなものが目の前にふわふわと浮いているように見える目の症状が飛蚊症と言われます。

飛蚊症が起こる原因について

飛蚊症が起こる原因について 網膜と硝子体は通常は密着しているものですが、加齢や強度近視などによってゼラチン状の硝子体が液化してしまいます。その結果、硝子体の後面が網膜から離れてしまうことがあり、これを後部硝子体剥離と言います。

飛蚊症・後部硝子体剥離の症状とは

後部硝子体剥離・飛蚊症がおこると症状としては急に「蚊が飛んでいるように見える」「ススが飛んでいるように見える」「髪の毛がさがっているように見える」「煙のようなものが見える」感じになります。

飛蚊症の治療について

飛蚊症の治療について 飛蚊症はほとんどの場合は治療を必要としないと言われます。飛蚊症は加齢による生理的なもので治療の必要もなく心配はないと言われます。

目の病気で気になる飛蚊症とは

目の病気で気になる飛蚊症とは 飛蚊症には加齢にともなう生理的なケースが多いと言われますが、目に病気があって硝子体の中に濁りができる場合があり、飛蚊症が目の病気の初期症状として現れるケースがあります。

眼精疲労について

眼精疲労の原因・症状・治療法情報のカテゴリでは目の健康情報として眼精疲労の原因や症状、眼精疲労の治療法などの情報を公開しています。

眼精疲労とは

眼精疲労とは 眼精疲労は目の不調から全身にも症状が及ぶと言われます。 パソコンを使っての作業、細かい作業などで目を酷使すると疲れ目が生じますが、一般的に言われる疲れ目は、目がぼやけたり、目がかすんでも、頭痛やめまい等はおこりません。

眼精疲労の原因とは

眼精疲労の原因とは 眼精疲労は目だけでなく、体や心の状態、環境などが重なり合って生じることが多いと言われます。 まず眼精疲労の原因を追及して改善できることは改善して、適切な治療を受けるのが大切と言えます。

眼精疲労の改善について

眼精疲労の改善について 眼精疲労は改善できると言われます。

要因と考えられる、精神的な悩みやストレスを抱え込んでいないか。生活リズムが過労がたまるサイクルになっていないかなど。生活習慣を見直してみると良いでしょう。

老視(老眼)について

老視(老眼)の原因と予防・治療法情報のカテゴリでは気になる病気や異常としてあげられる老視(老眼)について老視(老眼)と遠視との違いや老視(老眼)の矯正方法など老視(老眼)に関する原因や予防法、治療法などに関する情報を公開しています。

老視(老眼)とは

老視(老眼)とは 老視は老眼ともいわれ、加齢によって水晶体の弾力性が弱まり、近くを見るときに調整ができなるものです。老視は一つの老化現象のため防ぐことができません。

老視(老眼)の矯正とは

老視(老眼)の矯正とは 40歳を過ぎて目が疲れやすくなったら早めに眼科を受診して老化の状態を調べてもらういましょう。 老視があれば処方箋を書いてもらい眼鏡店に持って行き老眼鏡を作りましょう。

老視(老眼)の自覚症状とは

老視(老眼)の自覚症状とは 老視(老眼)の初期には様々な症状があらわれると言われます。 老視(老眼)の初期の状態がどのようなものかを覚えておいて、老眼の兆しがみられたら眼科に受診して適切な矯正を行いましょう。

近視・遠視・乱視について

近視を治すには

近視を治すにはのカテゴリでは目の健康情報として近視を治すにはどうしたらよいのかという観点から仮性近視や屈折性近視に関する治療法、最新の近視治療・レーシック(レーザー治療)に関する情報などを公開しています。

近視を治そう・レーザー治療(レーシック)

近視の治療法として角膜をレーザーで削って近視を治す治療法(レーザー治療)、いわゆるレーシックという方法が広がりつつあります。

レーシックと呼ばれる近視の治療法のレーザー治療は、角膜の表皮を薄く切り剥がし、その下の角膜にレーザーを照射して平らに削った後に、剥がした表皮を再び被せる方法と言われます。

レーシックと呼ばれる近視の治療法のレーザー治療は角膜の丸みを減らして屈折度を弱めて光が奥で焦点を結ぶようにする方法になります。

近視治療のレーシックは日帰りで手術は点眼麻酔で20分ほどで終了するといわれます。また近視手術には保険がきかないために医療機関によって料金は異なります。

レーシックと言われる近視レーザー手術が行われるようになったのは1996年頃と言われますが、レーシックの近視治療は2006年9月に国の薬事・食品衛生審議会の部会で承認されて、レーシックと言われる近視レーザー手術の安全性にお墨付きが付きました。

しかし、レーシックの効果は100%ではないとも言われ、元の近視が強いほど手術の効果の確実性は低いとも言われます。

近視でお悩みの方でレーシックによる近視手術をお考えの方は眼科医とじっくりと相談して慎重な判断が必要かもしれません。

近視を治そう・オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは「角膜の矯正治療」を意味する言葉で、眠っている間に特殊なハードコンタクトレンズをつけて日中は裸眼で見えるようにする近視治療が「オルソケラトロジー」です。

この近視治療法は1960年代に海外で始まったものの、効果が低く定着しなかったようです。目に優しいレンズ素材の開発が進み、2002年に米国で夜間装着が認可されて広がったようです。

日本ではまだ承認が降りておらず、数社のメーカーが大学病院などで治験を行ったりしているとのことです。

この近視治療は、治療に使うレンズは通常のハードコンタクトレンズと素材は同じで、黒目をすっぽりと覆うほど大きく、中央が角膜のカーブより平らな特殊な形となっており、眠る前にこのレンズをつけて、起きたらコンタクトレンズを外すというもの。

レンズの形に合わせて平らに押しつぶされた角膜の形はすぐには戻らず、光の屈折度が変わり、正常に見えるようになる仕組みのようです。

しかし、この近視治療は治療をやめると視力が元にもどるようです。安定した視力を保つには基本的に毎晩治療を続けなくてはならないようです。

遠視

遠視とは

遠視とは 遠視とはよく見えすぎる目のことではありません。近くも遠くもよく見えるのが遠視と思っているのは正しい理解ではありません。 遠視は眼軸が短い、或いは角膜、水晶体の屈折力が弱いために、網膜の後ろでピントが合ってる状態。

遠視の原因とは

遠視の原因とは 子供は生まれてすぎは眼球が小さく、眼軸が短いため遠視の状態にあり、成長とともに眼軸が伸びてきてだんだんと近くの物が見えるようになり6歳頃に視機能が整うと言われます。

遠視の矯正とは

遠視の矯正とは 遠視でも強い遠視を放置すると網膜上にピントを合わせることが出来にくくなり、視力が悪くなってしまうようです。

乱視

乱視とは

乱視とは 乱視とは生まれつき角膜のわん曲が縦と横で異なったり、角膜に病気があったり、または角膜の表面に凸凹があったために、ものの形が網膜の上にハッキリと映らない状態にあるのが乱視と言われています。

乱視の原因とは

乱視の原因とは 乱視には生まれつき角膜がラグビーボールのようにいびつな形をしている正乱視と、表面がデコボコに波打った形状の不正乱視があります。 正乱視は近視や遠視と同じような屈折異常といわれています。

乱視の矯正について

乱視の矯正について 乱視はものが二重にぶれたり、テレビ画面などの縦や横の方向がぼやけて見えたりしますが、縦方向だけか、あるいは縦横の双方向が近視のものを「近視性乱視」といい、遠視だと「遠視性乱視」と呼ばれています。

年齢を重ねると現れてくるのがシミ。女性の悩みの一つでもあります。
新宿美容外科は美容皮膚科も併設しているので、医療用レーザーを使ってしっかりとシミ治療をしていきます。

シミ治療は新宿美容外科