結膜の病気

結膜の病気に関する基礎知識を説明します

結膜の病気の原因や症状

目の健康維持のために結膜の病気をはじめとする目の病気や目の異常についての基礎知識を知っておきましょう。

結膜の病気・結膜炎

結膜とは上下のまぶたの裏側の「眼瞼結膜」と白目を覆う「眼球結膜」の部分を指し、眼球とまぶたを袋状の膜で結び付けているところから結膜と呼ばれています。この結膜の部分に起こる炎症が結膜炎です。

結膜炎には大きく分けて細菌やウイルスなどで起きる感染性結膜炎と花粉症などのアレルギー性結膜炎の二種類があります。

症状は結膜炎の種類によってことなり「充血・目ヤニ・涙が出る・目に異物感がある・かゆみ」などが代表的な症状と言われ、結膜は表面が異常を起こすため他の目の部位と比べると症状に気付きやすいのが特徴と言われます。

また結膜炎になっても角膜の病気を持っていなければ視力が低下することはほとんどないといわれます。

感染性の結膜炎

感染性の結膜炎のカテゴリは眼科医が診療する目の病気の中の感染性の結膜炎として細菌性結膜炎、急性出血性結膜炎、流行性角結膜炎などの原因や症状、治療法に関する情報を公開しています。

細菌性結膜炎とは

細菌性結膜炎とは 細菌性結膜炎は、結膜炎のなかでも比較的多い病気です。黄色ブドウ球菌や肺炎菌などに感染することによって起こります。 細菌性結膜炎の症状は、ウイルス性に比べて大量の涙が出ることはありません。

急性出血性結膜炎とは

急性出血性結膜炎とは 急性出血性結膜炎は、エンテロウイルスなどのウイルスに感染して起こり、流行性角膜炎とよく似ている結膜炎で、急性出血性結膜炎の症状はやや軽く、白目の部分が出血し、ところどころ血がついて真っ赤になります。

流行性角結膜炎とは

流行性角結膜炎とは 流行性角結膜炎は風邪を引き起こすウイルスの一種であるアデノウイルスに感染して起こる結膜炎です。重症の結膜炎の症状に加え、のどが痛くなったり熱が出たりすることがあります。

アレルギー性の結膜炎

アレルギー性の結膜炎のカテゴリは眼科医が診療する目の病気の中のアレルギー性の結膜炎と言われるアレルギー性結膜炎、春季カルテなどの原因や症状、治療法に関する情報を公開しています。

アレルギー性結膜炎とはどんな目の病気?

アレルギー性結膜炎は花粉や住居の中にあるほこりが原因によって起こる目のアレルギー疾患で、結膜は外からの刺激や異物にさらされやすい組織で涙などで結膜はいつもぬれているために、アレルギー性結膜炎の原因物質となるアレルゲン(ハウスダストや花粉)がくっつきやすくアレルギーが起こりやすい状態にあります。

アレルギー性結膜炎の症状としては、まず目やまぶたが痒くなり、目をこすったり、かいたりしていると次第に痛みが加わり、目がゴロゴロしった感じになります。

そしてそのまま放っておくと結膜が充血して瞼が腫れてきます。さらに症状が悪化すると透明な角膜の周辺は赤紫色になって結膜にゼリー状の目やにが出てきてしまいます。

またアレルギー疾患は目だけに留まらず、鼻炎や気管支喘息など体の様々なところにいろいろな症状が出てきます。

アレルギー性結膜炎の治療には抗アレルギー点眼薬がよく使用されます。抗アレルギー点眼薬にはヒスタミンH1拮抗点眼薬とメディエーター遊離抑制点眼薬の2種類があり、ヒスタミンH1拮抗点眼薬はかゆみを引き起こすヒスタミンの作用を直接防止するので、主に目やまぶたの痒みが強いときに処方される点眼薬です。

メディエーター遊離抑制点眼薬はヒスタミンなどを増やさないようにする作用があるものの効果があらわれるまで2週間くらいかかると言われ、症状があらわれる前から使い始めることがあるようです。

またアレルギー性結膜炎の症状が重症になると副腎皮質ホルモン(ステロイド)点眼薬が用いられることもありますが、作用が強く効果が高いものの副作用もあるため医師の指示に従うことが大切です。

いずれにしても、アレルギー性結膜炎の症状として目のかゆみが強くなったりしたら眼科で診察を受けて眼科医の指示に従い適切な治療を受けることが大切と言えます。

アレルギー性結膜炎の予防法について

アレルギー性結膜炎を予防するには、まずアレルギー性結膜炎の原因物質となアレルゲンを身の回りから除去して結膜にそのアレルゲンを付着しないようにするのが大切と言われます。

住居内では、ハウスダストがほこりになってたまると空中に舞い上がりやすくアレルギーを引き起こす原因になるため、まめに掃除をすることと、よく換気をすることがあげられます。

また家具や棚の上などのほこりはよくしぼった濡れ雑巾で拭き取るように心がけましょう。冷暖房機や空気清浄機のフィルターは水洗いして、畳も年2回は干すことも大切なことと言われます。

また部屋は通風を心がけて室内を高温多湿にしないことも大切です。そしてアレルギー性結膜炎にかかってしまった場合には医師の指示に従って適切な薬物療法を行いましょう。

アレルギー疾患には、症状を起こりやすくしたいり、悪化させたりするいくつかの原因があると言われます。

症状を抑えるためにはアレルギー疾患の直接の原因であるアレルゲンを取り除かなくてはなりません。その為には病気をよく知り、そして環境に気を遣うことが大切と言われています。

いずれにしてもアレルギー疾患は医師の指示のもと根気よく治療を続けることが必要と言えるのではないでしょうか。

春季カルテ

春季カルテはアレルギー性結膜炎の重症なもので、春から夏にかけて頻発することからこの名がつけられましたが、今では年間を通して起こるアレルギー性結膜炎です。

またアレルギー性結膜炎の春季カルテはアレルギー性体質の子供から青年層に多く、女性よりは男性に見られます。

春季カルテの症状は、強いかゆみといったアレルギー性結膜炎の症状に加え、まぶたの裏の結膜に乳頭という小さい隆起ができますが、充血はそれほどでないようです。

また春季カルテの治療は、副作用の少ない抗アレルギー薬の点眼薬が使われ、症状の強い場合は、ステロイド剤の点眼や注射を行うこともあります。副作用の心配もありますので、定期的に眼科へ通うことが大切です。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は花粉やハウスダスト、ダニといったアレルギーを起こす物質(抗原)により、結膜に炎症が出るもので、抗原は人によって異なり、点眼薬や動物の毛などでアレルギー反応が起こる人もいるようです。

アレルギー性結膜炎の症状としては、抗原と接触っしたとたんい目がとても痒くなります。涙っぽくなったり、充血、まぶたのはれなどがあります。花粉症の場合は鼻炎症状も伴う場合が多いようです。

アレルギー性結膜炎の治療は、抗アレルギー薬の点眼薬を用います。できるだけ抗原との接触を避けて生活することがポイントです。

抗原がわからなければ、病院で血液検査やパッチテストを受けて調べるようにしましょう。

その他の結膜の病気

その他の結膜の病気のカテゴリでは結膜の病気とされるドライアイ、翼状片、結膜下出血などの目の病気についてその原因や症状、治療法などの情報を公開しています。

ドライアイについて

ドライアイは病気ではありませんが、パソコンの普及に伴い著しく増加したのが眼精疲労です。

この眼精疲労の原因にあげられるのが、目の屈折異常(遠視、乱視)、老視、合わない眼鏡とドライアイ。涙腺の機能以上で起きるドライアイと違い、まばたきの回数が減るため、角膜全体に涙が行き渡らず、目が乾き疲れてしまう状態をいいます。

通常人間は1分間に約20回まばたきをしますが、細かい作業をしているときは集中して1点を見つめるため、まばたきの回数は半分に減ってしまいます。またエアコンのきいた部屋は乾燥しがち。ますます目の表面は乾いてしまいます。

日常生活でできるドライアイ防止法

  1. 極端に目を使う作業では適度に休憩をとる
  2. 時々意識的にまばたきをする
  3. テレビのブラウン管やパソコンのモニターは、目線より下の位置に置く

それでも症状が改善しない場合は、医師の診察を受けることをお薦めします。

翼状片

翼状片は、鼻側の白目部分(結膜)が、黒目(角膜)に侵入していく病気で、その形状から翼状片といわれます。

翼状片の原因はわかりませんが、中年以降の野外労働者や野外でスポーツをする人に多くみられるようです。

また翼状片が進行すると視力低下が起こるため、治療として切除をし、また翼状片は再発するケースが多いようです。

結膜下出血

結膜下出血は突然、白目部分に膜状の出血が見られることをいいます。目をぶつけたり、飲酒、あるいは中高年で原因がわからなくても起こることがあります。普通は痛みもなく、1~2週間で自然におさまり、特別な治療も必要ないようです。

翼状片

翼状片は、鼻側の白目部分(結膜)が、黒目(角膜)に侵入していく病気で、その形状から翼状片といわれます。翼状片の原因はわかりませんが、中年以降の野外労働者や野外でスポーツをする人に多くみられるようです。

また翼状片が進行すると視力低下が起こるため、治療として切除をし、また翼状片は再発するケースが多いようです。