まぶたの病気

まぶたの病気に関する基礎知識を説明します

まぶたの病気の原因や症状

目の健康維持のためにまぶたの病気をはじめとする気になる目の病気や目の異常に関する基礎知識を知っておきましょう。

兎眼とは

兎眼は眼瞼下垂とは逆に、まぶたが閉じなくなった状態を兎眼といいます。

大部分は顔面神経麻痺が原因で起こりますが、やけどや外傷などでも起こります。まばたきができないため角膜が感想して角膜障害を起こし、視力も低下します。

兎眼の治療は、原因疾患を治すとともに、まぶたの形成手術を行います。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂は上まぶたが垂れ下がって目が開きにくい症状をいい、眼瞼下垂は先天性のものが多いようですが、後天性にはまれに重大な病気の場合もあるようです。また最近では老人性が増えているようです。

眼瞼下垂の経過と治療としては、赤ちゃんの眼瞼下垂のほとんどが先天性で、片方の目にだけあらわれることも両目にあらわれることもあり、これはまぶたを上げる筋肉(上眼瞼挙筋)が生まれつき弱いためで、産まれたときはまったく空かないまぶたも成長につれて少しずつ開いてくるようです。

また片方の目だけが完全に閉じられているなど眼瞼下垂が強い場合は、視覚の発達がさまたげられて斜視や弱視の原因となるため早期の手術治療が行われるようですが、それ以外は手術を急ぐ必要はないようです。

また後天性のものは加齢によって上眼瞼挙筋がゆるんだために起こることが多いため手術が行なわれるようです。

眼瞼下垂は動眼神経麻痺や重症筋無力症など神経や筋肉に関係する病気が原因の場合もあるようですので、眼瞼下垂が起こったら、早期に検査をすることが大切と言えます。

眼瞼内反とは

眼瞼内反とは、いわゆる逆さ睫毛のことで、まつげが眼球のほう(内側)に向いてしまう病気です。赤ちゃんの下まぶたに多くみられますが、老人性内反もあります。

眼瞼内反の症状は、まつげが眼球をこするため涙や目やにが多く出るようです。眼瞼内反によって角膜に傷がつくと、痛みや視力障害を起こすようです。

眼瞼内反の治療は、赤ちゃんの眼瞼内反は成長するにつれて軽くなるようなので、経過を見ても問題ないようです。老人性内反も下まぶたに多く、まぶたを閉じる(眼輪筋)がたるんでしまうため、まつげが眼球に当たり、痛みも強く、一般的には手術治療が行われています。

霰粒腫とは

霰粒腫は目に脂を出す瞼板腺の出口が詰まったために、まぶたの中にしこりができる病気です。

また霰粒腫ものもらいと混同されがちですが、まったく別の病気です。

霰粒腫の症状は、あずき大ぐらいのややかたいしこりができて、痛みはあまりありませんが、しこりが除々に大きくなるとまぶたが重苦しくなるようです。

霰粒腫が急性炎症を起こると、ものもらいと同じように赤くはれて、痛みがあります。

霰粒腫の治療は点眼薬などはほとんど無効で、しこりを切開して内容物を取り出してしまう手術療法がとられます。小さいものなら自然に消えてしまうこともあるようなので、しばらく様子をみても問題ないようです。

麦粒腫とは

麦粒腫はまつげの根元や瞼板腺が、細菌に感染して起こる急性の化膿性炎症で、主に黄色ブドウ球菌によって起こる涙器の病気です。

麦粒腫は一般には「ものもらい」と呼ばれています。

麦粒腫の症状は、おもにまつげの根元のまぶたの一部が赤くはれて、痛みやかゆみを伴います。だんだん症状が強くなり化膿した斑点(膿点)があらわれます。膿点が破れて膿が出ると自然に治癒します。多くは数日で治ります。

麦粒腫の治療は、症状によって抗生物質の目薬や、内服薬、軟膏などを使います。必要に応じて、切開し排膿します。

患部にはできるだけ触らず、清潔を心がけます。強くこすったりすると炎症が広がるので気をつけます。ふだんからむやみに手で目をこすらないことが予防につながります。

麦粒腫が再発を繰り返すときは、糖尿病になっていないか検査をしたほうが良いようです。