目の健康のために病気と症状を知ろう

目の病気や目の異常、症状など目の健康に関する情報を公開しています

目の病気や異常にお悩みの方に

目の健康応援団は白内障、緑内障などの目の病気や近視、乱視、老眼など目の病気や異常などの症状や治療法などの解説をはじめ全国の主な眼科情報を公開している健康総合情報サイトです。

目の健康応援団はこんな時にご利用下さい

目の健康応援団は目に関する基礎知識をはじめ、病気やその症状や予防法、治療法に関する情報を各項目別にまとめています。参考情報としてお役に立てれば幸いです。

  • 近視になったとき。
  • 白内障や緑内障になったとき。
  • 目の老化や目以外の病気が原因で起こる異常や症状があるとき。

こんな時に当サイトをご利用いただければと思います。 また別サイトでは、全国の主な眼科クリニックや眼科のある病院もご紹介しています。

目の健康応援団のご利用にあたって

当サイトは重度の近視と乱視、飛蚊症に悩んだ管理人が病気に悩まれる方、不安に感じる方の為に、その不安や悩みが少しでも軽減出来るお手伝いが出来ないものかと思い立ち上げました。

また当サイトで公開されている情報は正確性を重視して公開していますが、それを保証するものではありません。あくまでも目の健康を知るための情報サイトとしてお役に立てればと思っています。

検索ランキングTOP10

1位:結膜下出血とは
2位:ベーチュット病とは
3位:眼瞼下垂とは
4位:兎眼とは
5位:網膜剥離の症状とは
6位:網膜剥離の治療について
7位:飛蚊症が起こる原因について
8位:飛蚊症の治療について
9位:黄斑変性/加齢黄斑変性とは
10位:視神経症とは/目の視神経の病気

気になる目の異常

目の病気について知っておこう

目の病気が気になったら眼科医に診てもらいましょう。その時に頭に入れておきたいのは症状や原因が多様のため、初期の症状のときに受診するのが肝心と言われています。

目は体全体から見れば小さな器官ですがその役割は非常に大きく、生活していく上で目はとても重要な器官でもあります。違和感を覚えたらお近くの眼科医に受診しましょう。

また、視力の低下、視野が狭くなる、目が急に見えなくなるなどの異常や、痛みや痒みを伴う症状など多様にわたります。

そして異常は急に症状があらわれるものもあれば、感じないまま病気が進行して行くものもあります。

原因には加齢に伴って増える病気があり、加齢に伴う症状としては網膜の黄斑部に異常が起こり見ようとするところが見え難い黄斑変性、上瞼が下がる眼瞼下垂などがお年寄りに多く発症する病気です。

また白内障は80歳代ではほとんどの人がかかると言われ、長生きをする方には避けられない病です。

他に、ストレス過多など心身の過労からくるものや、麦粒腫や結膜炎など細菌やウィルスの感染によっておこる病気や花粉などのアレルギーによっておこる斜視やある種の緑内障、白内障に見られる先天的なものがあります。

いずれにしても違和感を感じたら眼科に受診することを心がけましょう。合併症によっておこる事もあるようです!

糖尿病や高血圧、アトピー性皮膚炎など全身の病気と関係しておこる合併症もあり、全身の病気から合併症を患う例は少なくないようです。

違和感を感じて受診してみると糖尿病や高血圧が見つかることもあるようです。

目は精密な器官で、体の中でも敏感な器官と言われています。不調と感じたらなるべく早く眼科医に診察を受けたほうが良いでしょう。

初期に気が付けば障害を残すことなく治るものも多いようです。いずれにしても体の中でも敏感な器官である目ですので、十分に気をつけたいものです。

急増しているドライアイ

ドライアイは「乾性角結膜炎」とも言われています。そもそも目からこぼれる涙ですが、この涙は結膜や角膜についたゴミやほこりを洗い流し、血管のない角膜に酸素や栄養を与える役目を持っています。この涙が病的に減少したり、涙の質が変化して十分に角膜を潤おさなくなるものをドライアイ(乾性角結膜炎)です。

本来、ドライアイは病的で涙の生成システムに障害が起こるものです。なので目が乾きやすいという程度なら一過性の乾き目、或いは眼精疲労のケースが多いようです。

ドライアイは涙で目を保護する事ができなくなるため、目の表面に傷がついたり障害を起こす病気です。

ドライアイの原因について

ドライアイの原因は涙の分泌量が少ないものと、涙が分泌されるが蒸発量が多いものとに分かれるようです。

加齢や体の疾患、降圧剤や精神安定剤などの薬の副作用、強いストレスなどによって涙の量が減ったり、涙が濃くなることもあり、また環境の変化によって部屋が乾燥している、大気汚染などが原因になることもあるそうです。

またパソコンなどを使っての作業、運転、細かい作業などで瞬きの回数が減少することで涙の分泌が少なくなり、ドライアイを起こす原因になるとも言われています。

加齢や体の疾患は別として、ほとんどのケースが自分で予防できるとも言われ、目の乾燥などの症状を自覚したら点眼薬をさしたり、目を休ませることが大切です。またストレスは自律神経の働きを低下させ、涙液の分泌が抑制されるのでストレスをためないことも大切なようです。

また合わないコンタクトレンズの長期使用なども問題視されていますのでコンタクトレンズを使用している人は注意が必要かもしれません。

いずれにしても目が乾燥していると自覚症状を感じたら、放置せずにドライアイは目の病気という認識をもって、お近くの眼科医に受診しましょう。

目の異常や障害は合併症によっておこる事もある

目に起こる異常や障害は糖尿病や高血圧、アトピー性皮膚炎など全身の病気と関係しておこる合併症もあり、その中でも全身の病気から合併症を患う例は少なくないようです。異常を感じて受診してみると糖尿病や高血圧が見つかることもあるようです。

目は精密な器官で、体の中でも敏感な器官と言われています。不調と感じたらなるべく早く診察を受けたほうが良いでしょう。病気の中には初期に気が付けば障害を残すことなく治るものも多いようです。いずれにしても体の中でも敏感な器官であるので、十分に気をつけたいものです。

おすすめ情報

夏のニキビ予防と治療ならケアクリームがおすすめ。背中ニキビ 薬学研究所